目指せ「ベストショット」!ENJOY!ワン・ニャン写真塾
第1回 第2回 第3回 第4回
ボンヤリ「幽霊写真」を防ぐには?など基本の撮影テクニックを学ぼう

「ん!?ねこフォトコンテスト!?」
飼い猫ミーちゃんが大好きでたまらない猫好きOLのエリちゃんは、
ある日アイシアのWebサイトで「極楽ねこフォトコンテスト」のニュースを発見。
「これは…うちのミーちゃんの写真で応募しなくちゃ!」
と、意気込むものの、エリちゃんは写真撮影にちょっと自信ナシ。
ちょっとプライドの高いミーちゃんは、生半可な腕ではモデルになってくれなさそう…
そこでエリちゃんは、知り合いのカメラマン金澤先生に相談することに。
「先生〜!うちの子の写真を上手に撮るコツ、教えてくださ〜い!」

えりちゃん ミーちゃんをこよなく愛するOL。カメラ初心者。よくミーちゃんのツメで引っかかれている。 ミーちゃん エリちゃんの愛猫。3歳(メス)。プライドがちょっと高く、なかなか
エリちゃんに写真を撮らせてくれない。 金澤先生  エリちゃんの知り合いで、カメラの先生。エリちゃんに写真のテクニックを教えることに。
幽霊写真!?その正体は「ブレ」にあり
エリちゃん
先生〜!し、心霊写真が撮れちゃいましたー!ミーちゃんにそっくりな幽霊がぼんやりと…!
 
   
ミーちゃん
ニャー!
 
   
金澤先生
ああ、写真を撮る時にブレちゃったんですね。確かに、これは幽霊に見えるかも…。
でも、これはミーちゃんの動きもありますが、原因はエリさんの「体のブレ」かもしれませんね。
 
   
エリちゃん
え?私ですか?
 
   
金澤先生
写真を見ると、ミーちゃんだけでなく背景もブレているでしょう?
これは、撮影した人がブレの原因になっているからなんです。撮影の瞬間、体や手が揺れてしまうことで、写真に「ブレ」ができるんですね。
 
   
エリちゃん
そうなんですか!幽霊なんて言ってごめんね、ミーちゃん。
 
   
ミーちゃん
ミャア〜
 
   
金澤先生
せっかくだから、「ブレ写真」を防ぐ、基本のテクニックを身に着けてみるといいですよ。

ブレないようにするには、まず脇を軽く締めて、片手をカメラの下、そしてもう一方の手をシャッターに添え、指は閉じます。カメラを支える面を増やして安定させましょう。正しいポーズで、カメラを構えることが基本なんです。

 
   
エリちゃん
分かりました。えーっと…あ、ほんとだ。脇をしめたほうがぐっと安定しますね!
 
   
金澤先生
そうそう。
そしてもうひとつ、被写体のブレを防ぐには、できるだけ明るいところで撮るとブレが起こりにくいんです。
 
   
エリちゃん
ん?先生、構えがしっかりしていないとブレちゃうのは分かるんですが、
明るいところで撮影すればブレにくいのは何でですか?
 
   
金澤先生
カメラは、撮影に必要な光を取り入れなくてはならないので、
暗い所では自動的にシャッタースピードが遅くなります。そうすると、シャッターが切れる間に被写体やカメラが動くと、ブレてしまうんです。
 
   
エリちゃん
なるほどー!明るい場所ならシャッターが早く切れて、ブレることが少なくなるんですね。
分かりました!
 
先生直伝の撮影ポイントはこちら!

商品を探す

 
 
カタログはこちら